POKER(ポーカー)について

今回は「ポーカー」はとても有名なカードゲームなので一度は耳にしたことはあるけど、ちゃんとしたルールは知らないという人や今からポーカーを始めてみたいという方に向けてまとめてみました。

ポーカーとは?

「ポーカー」といえば最近はギャンブルというよりは頭脳スポーツと言われるくらい人気で「プロポーカープレイヤー」という人までいるくらい、メジャーなカードゲームとなっています。

最近ではアベマTVでGACKTさんが司会実況をやりながら、芸人や俳優、アイドルから著名人など様々なゲストが1対1で戦う「ポーカー」番組までやっているほど人気は高まっています。

ルール

5枚のカードで役を作りその役が一倍強い人が勝ち!

という単純なルール。

ポーカーの魅力

単純なルールだが、重要なのは「ポーカー」には勝負に降りることのできる「フォールド」と賭け金をあげる「レイズ」いうものがある。

自分の手札が弱い時に「フォールド」して勝負を降りて負け金を減らして、勝負を一時的に避けたり、賭け金をさらにあげる「レイズ」をして強気に攻めて相手に勝負から降ろさせて勝つ、こともあるという、頭脳と駆け引きと運が入り乱れるカードゲームとなっています。

役の強さとカードの強さ

カードには強さがあり、

(強) A>K>Q>J>10…4>3>2 (弱)

とA(エース)が一番強いカードとなっています。

柄にも強さがあり

(強) スペード>ハート>ダイヤ>クラブ

となっています。

同じ役の時は強い数字をもっているプレイヤーの勝ち、同じ数字の時は強い柄をもっているプレイヤーの勝ちとなります。

ワンペア

数字が同じカードが1セットある状態を「ワンペア」といい一番弱い役です。

ツーペア

数字が揃っているカードが2セットある状態を「ツーペア」といいます。

スリーカード

数字が同じカードが3枚ある状態を「スリーカード」といいます。

ストレート

数字が順に並んでいる状態で柄は揃っていない状態を「ストレート」といいます。

フラッシュ

柄が一つ種類で統一している状態を「フラッシュ」といいます。

フルハウス

「スリーカード」と「ワンペア」が組み合わさった状態を「フルハウス」といいます。

フォーカード

1つの数字が4枚揃った状態を「フォーカード」といいます。

ストレートフラッシュ

「ストレート」と「フラッシュ」が組み合わさった状態を「ストレートフラッシュ」といいます。

ロイヤルストレートフラッシュ

柄が同じで数字が順に並んでいて、A.K.Q.J.10のカードのみを「ロイヤルストレートフラッシュ」といい最強の役となっていますが、ほぼ出ません。確率が0.00015%と言われているようで奇跡に近い役となっています。

ポーカーの種類とアクション

「ポーカー」はお店側の「ディーラー」と戦うものと「プレイヤー」のみで戦うものと2種類あります。最近の主流と言われているものが「プレイヤー」同士で戦い賭け金を奪い合う「テキサスホールデムポーカー」となっています。

テキサスホールデムポーカー

最初に自分の手札となるカードが2枚配られたあと共有カードとなる5枚を順番に公開される。その時に手札のカードと共有カードを組み合わせて一番強い役を作れた「プレイヤー」の勝ちとなる「ポーカー」の種類となっています。

アクション

ポーカーで使うアクションが5つとなっています。

ベット

場に所定のチップ金額をかけること

チェック

賭け金を賭けずに次の人に回して勝負には参加すること

コール

前の人と「同額」賭けて次に回すこと

レイズ

前の人よりも上乗せしてチップを賭けて次に回すこと

フォールド

今まで支払った分のチップは諦めて勝負から降りること

実際にやってみよう

最近はアプリでも「テキサスホールデムポーカー」で遊ぶこともできるほど人気となっています。

ポーカーには大会も多く賞金は11億円を超える大会まであり、ランキングなどもつけられているほどのゲームで、もはやギャンブルよりは一種のスポーツなのです。

日本ではあまり知られていませんが、日本人でもプロのポーカープレイヤーもいて大会で優勝経験のある方もいらっしゃいます。GACKTさんも大会などには積極的に参加しているようで、日本にポーカーを広めようとTV番組としてやっているそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です